Enter


雲にいだかれ みずのほし ねむる
陸にあがって どうぶつは
あたまも からだも しんからつかれ
海のねむりを ねむりこむ

それから いく世をすぎこしの
空気かわいて 木をおりて
はしりつかれて くさはらで
はらをかかえて ヒト ねむる

道具もことばも つかうたび
たのしさひろがり ふかくなり
こわさ たかまり ちじみこむ

夜のこわさに 人間は
ちからあるもの みつけだし
たぐりよせては ねむりこむ

まくらとて いわやのねむりを ねむりこむ